お知らせ・NEWS

ファスティング10の効果

2018/10/01


1.病気を早く治す(アメリカではガンの治療にも利用)
ファスティング中は、食べ物を代謝するために費やされていた体内の莫大なエネルギーが、免疫系と組織を再生するためのプロセスに回されます。アメリカでは、ガンの治療にファスティングが利用されているほど。

2.臓器を休ませる(働きすぎの内臓をリフレッシュ)
胃や十二指腸、大腸、すい臓、肝臓、腎臓は、食品に含まれるたんぱく質や炭水化物、脂肪の代謝を行います。ファスティングは、消化器系に休息を与え、その分きれいになります。

3.血液をきれいにする(余分なコレステロールを追い出す)
脂肪の摂りすぎ、過食やミネラルのアンバランスは、血中のコレステロールを必要以上に増やし、血液の流れを悪くし、心臓病や脳卒中などの原因となります。ファスティングは、血液から余分なコレステロールを取り除き、血液をサラサラにする上、代謝を活発にします。

4.肝臓をきれいにする(飲み疲れのお父さんにもおすすめ)
肝臓はアルコール、薬、食品添加物、重金属の解毒に働く器官です。ファスティング中に、肝臓に蓄積された有害物が解毒され、傷んでいた組織が修復されるので、肝機能は正常に戻ります。

5.大腸をきれいにする(こびりついた宿便をきれいさっぱり取り除く)
大腸は、食物の残りカスや老廃物が通過する最終コーナーです。脂肪の過剰な食事やストレスなどによって便秘がちになり、排泄物が大腸にとどまったままになっていると、死んだ細胞や老廃物が固まって、腸壁にこびりついてしまいます。こういったものが大腸内で腐敗して、ガンや過敏性腸症候群、痔などが起こりやすくなります。

6.理想の体重を保つ(体重は適正でも「隠れ肥満」ではダメ)
ファスティングは、単なるダイエットではなく、汚染された体をきれいにする方法です。肥満とは、皮下脂肪や体脂肪率が多すぎる状態のこと。ファスティングは、生活習慣病の原因となる体脂肪を燃焼させて代謝を活発にし、本当に意味での理想的な体重を実現するのです。

7.毒素を排出する(汚染された体を元通りによみがえらせる)
私たちの体には、化学物質。重金属、薬物など、正常な代謝の妨げとなる有害物質が予想以上に蓄積しています。これら有害物は脂肪に蓄積しやすく、ファスティングによって脂肪が少なくなると、有害物の排泄が促進されます。

8.感覚を鋭敏にする(食べ物が以前よりおいしく感じられる)
ファスティング後は、舌を覆っていた化学物質のカスが取れて、食べ物の味がはっきり分かるようになります。これは、それだけ体が健康になったことを示しています。

9.呼吸をきれいにする(汚れきった肺も新鮮さを取り戻す)
大気汚染やたばこの煙などで、私たちの肺は相当なダメージを受けています。ファスティング中、体内のエネルギーが肺の細胞を修復するプロセスに費やされ、肺がきれいになります。

10.免疫力を高める(アレルギーの人にも効果的)
臓器が休まると、白血球が活性化し、感染がガン細胞の増殖を抑える働きをします。また、ファスティングは、化学物質や重金属を解毒し、消化を正常にするので、アレルギーの緩和にも役立ちます。

ファスティングマイスター検定

pageTop